IPO初値予想!IPO博士の投資日記 「俺に任せろ!!」 + FX研究員

これで大丈夫!?新規公開株(IPO)&公募売出(PO)&FX(外国為替証拠金取引)&不動産投資信託(リート)&中国株等で目指せ1億円!
2007/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご覧頂きまして有難うございます!

現在、色々な企業が上場予定となっております・・・
IPOを始めて、色々な企業が有りました・・・
何社申込んだのかはもう忘れましたが、IPOに触れていると、企業のクセ、この企業は買って良いのかが段々と分かってきます。


私、IPO博士(自称)が経験から感じた、企業の見分け方を最後に載せておきます~
参考になるか?分かりませんが、参考になったら嬉しいです

以下は私の経験からの年度別の感想です。

2006年から始めた新規公開株IPO
その頃は、当選さえすれば98%儲かりました。
ですから、やたらに申込んで儲けてました(笑)

2007年はサブプライムローン問題、ライブドアショック、チャイナショックなどの影響で、当選し易くなり、当選しても70%が儲かる位にIPOも下がってしまいました。

2008年・・・
世界経済不安の影響で、IPOも上手く儲ける事が難しくなってきました。
ブックビルも白黒ハッキリして申込まないと痛い目に会う状態です。
これからは、自分でブックビルを選んで申込むという方法が迫られてきます。


そこで!

私なりのブックビルして良い企業、してはイケナイ企業の見分け方を以下に載せておきます

最低限の見分け方ですがコレ(①~⑥)が90%は重要視されます。

①公開株数・・・
~2,000株前後・・・◎
~3,000株前後・・・○
~5,000株前後・・・▲

②上場する市場・・・
マザーズ・ヘラクレス・ジャスダック・・・◎
東証1部・NEO・・・○
東証2部・・・▲
残りの市場・・・×

③売買単位数
1株単位・・・◎
10~1,000株単位・・・▲

④上場の日は・・・
単独上場・・・◎
~2社・・・○
~3社以上・・・▲

⑤業種(2008年上場の企業の場合)
◎や○は沢山有りますので、省きます。しいと言えばIT、携帯、ゲーム、インターネット関連!?
薬品のベンチャー・不動産・小売・みんながコレ!と思わない商品のみを専属で扱う企業等(メガネ・タオル)・・・▲

⑥公募価格・・・
公募価格は安いほど人気が出ますが、①~⑤のケースバイケースで判断は難しいです~


∴公開株数が極端に少なく、マザーズ・ヘラクレス上場、売買単位1株、単独上場、人気業種等が合致しますとメガトン級!ギガトン級の銘柄になります!

その他では、ベンチャー企業が大量保有、地合の良し悪しでも初値が動きます・・・

以上が私のオススメする簡単な優良BBの見分け方でした。
参考になりましたら嬉しいです。

これからもお互いにIPOで儲かる様に頑張りましょうね


最後までお読み頂きまして有難うございました!







スポンサーサイト
新規公開株(IPO)と参加方法とは!?
注:少し長い文章ですが、お付合いして頂けますと年収がUPしますよ♪

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、
上場前に株主が保有している株式が売り出されます。
これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、
また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるため、
近年株式の新規公開を目指す企業が急増しています。

●簡単に言いますと新たに市場に参加する会社の株を人より先に安く入手して、その会社の株式市場上場日に付いた値段で売ると言う方法です。
私の知る範囲では最高で11万円が一日で96万円(772.7%)ですが平均リターンは投資額の約2倍です。
低金利時代にこのリターンは新規公開株以外には考えられません!

当選しなければ増えませんが、しなくても資金が減る事はまず有りません!

こんな嘘みたいな話が存在し、少しの努力(注文する事と、口座を開設する事)で誰でも参加出来るです。

今からでも遅くは有りません!

さぁ!貴方も貴女も儲けるチャンスはすぐそこです!

一番楽な方法は、証券会社にTELして「素人だから説明して」と言えば分かりやすく教えてくれます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。